US英語CAFE
<英語に関するALL ABOUT>      

US英語

英語お役立ちサイト、無料学習サイト、英語の総合情報サイトです

文法弱い

 

LinkIcon中学文法を、ざっと読んでください。最初は、大まかな全体像を俯瞰します。
 
 基本的な五文型 について。 
 
「文の要素」とはその文の中でのポジションを表すもので、
 
S(主語)・V(述語動詞)・O(目的語)・C(補語)・M(修飾語)の5つ。

例えば、文頭というのは主語Sのポジションだし、isやareといったbe動詞の後ろは補語Cのポジションだ。watch(を見る)という他動詞の後ろには必ず名詞が置かれなければならないが、このポジションのことを目的語Oと言う。
 
修飾語Mだけは比較的自由で、文頭・文中・文末など、さまざまなところに置かれる。
 
V(述語動詞)により、文型が、基本的な五文型に分かれる。
 
英文を読んで、それが何番目の文型か分からなくても、意味が取れれば問題ありません。
 
何文型か考えるより、この動詞は、目的語を二つ取れる動詞だ、とか、この動詞は、それだけで意味が完結する動詞だったな・・という風に、個々の動詞の使い方に慣れて下さい。
 
そして、同じ動詞でも、自動詞で使われたり、他動詞として使われたりするので、一概に、この動詞は自動詞、これは他動詞という風には分類できません。
 
work と turn を例に取って説明します。 
 
基本五文型 (文型は動詞に左右される) 
 
 
例)・・・work 自動詞
(1) 文型 S+V(「~は・・・する」)
 
He works hard everyday. 
(彼は、毎日懸命に、働く)

という風に、意味が取れれば、第一文型だと分からなくても、問題ありません。
hard その他は、V(works)を補助的に説明しているだけで、無くても文は意味が完結します。
 
He works.
(彼は働く)
 
このように、単純化できる動詞は、(1)文型を作れる。
  
この文型をつくる動詞は、それだけで意味を完結できる動詞なので、
完全自動詞と呼ばれます。
 
ただし、work がいつも自動詞とは限らない。
 
例)・・・work が他動詞(目的語を取る)の場合も有る
(3)文型  S+V+O(「SはOをVする」) 〔S ≠ O〕
 
1)を使う
how to work a typewriter
(タイプライターの使い方)
 
2)奇跡を行なう
A little lipstick would work miracles with her.(wouldは仮定法過去)
(ほんの少し口紅を付ければ彼女は見違えるようにきれいになるだろう)
 
3)She works the Kanto area.
(彼女は関東方面を受け持つ)
 
4)を細工する
She worked clay into a mug.
(彼女は粘土でジョッキを作った)>
 

例)・・・turn 自動詞の場合
(1) 文型 S+Vi(「~は・・・する」)Vi
 
(完全自動詞か不完全自動詞かは、時と場合によるので、厳密に分けることは意味がない。文の意味が取れれば良い)
 
1)回る
The key will not turn.
(鍵がどうしても回らない)
 
2)曲がる、向かう
Please turn left at the supermarket.(イディオムとして、turn left、で憶える)
(スーパーのところを左に曲がってください)left は副詞
We turned north.(イディオムとして、turn north、で憶える)
(我々は北へ向かった)
 
3)変わる、なる
Ice turns to water when it gets warm.
(暖かくなると氷は水になる)
 
4)~になる
The leaves have turned yellow.
(木の葉が黄色になった)・・yellow が、補語?副詞?と考えず、turn yellow=
黄色くなる とイディオムとして口に出して憶える方が役立つ。
 
5)引き返す
Let's turn and go back now.
(もう引き返しましょう)
 
6)一変する
The wind turned to the west.
(風向きが西に変わった)
 
7)変色する
The leaves turn in autumn.
(秋には木の葉が紅葉する)
  
例)・・・turn 他動詞として使われる時もある。
 (3)文型  S+V+O(「SはOをVする」) 〔S ≠ O〕
 
1)を回す
He turned the wheel to the left.
(彼はハンドルを左に切った)

2)を裏返す、ひっくり返す
I turned a pancake.
(ホットケーキを裏返した)

3)を曲がる
We turned a corner.
(私たちは角を曲がった)

4)を向ける
He turned his face this way.
(彼は顔をこちらへ向けた)
She turned her back on me.
(彼女は私に背を向けた)

5)を変える
Turn this sentence into English.
(この文を英語に訳しなさい)

6)を変色させる
Fall tured the leaves.
(秋が葉を変色させた➡秋になって木の葉が紅葉した)

7)をくじく
She turned her ankle while ice-skating.
(アイススケートをしてる時、彼女は足首をくじいた

8)を越える
I have turned seventy.
(私は70歳を越えた)

9)を追い払う
He was turned from her door.
(受動態;彼は彼女に門前払いを食わされた)

10)を熟考する
I turned the problem over in my mind.
(私はその問題をじっくり考えてみた)

11)をきれいにする
She can turn pretty compliments.
(彼女はお世辞をいうのがうまい)
 
12)得る
They will turn a huge profit.
(彼らは巨大な利益を得るだろう)

13)の回転運動を行う
He turned a somersault.
(彼はとんぼ返りをうった)
 
上記の動詞のように目的語をとって叙述が完結する動詞を他動詞といいます。
 
(2)文型  S+V+C(「~は・・・である」) 〔S=C〕

In most cases, the president is the chief executive officer.
  (多くの場合、社長は最高経営責任者である)

Japan has become a major economic power.
  (日本は経済大国になった)

At first sight the world looks safe and peaceful.
  (一見したところ世界は安全で平和そうに見える)

I got angry to hear that.
  (私はそれを聞いて腹が立った)

I am uncertain why he is going.
  (私は彼が、なぜ行くのかわからない)

この文型をつくる動詞は、主語をなんらかの意味で補足説明する語(補語)をとらなければ意味を完結することができない。
このような、be動詞(is、am、are)、become,look,get・・を不完全動詞といいます。
 
ただし、become が他動詞としても使われる事が有るので、いつもbecomeが不完全動詞なわけではない。
 
例)・・・become が他動詞
(3)文型  S+V+O(「SはOをVする」) 〔S ≠ O〕
 
1)に似合う
Your new dress becomes you very well.
(君の新しい服はとても似合っている)=Your new dress is very becoming on you.
 
2) にふさわしい
It doesn't become you to grumble.
(ぶつぶつ言うのは君らしくない)
 
例)・・・lookが 他動詞
(3)文型  S+V+O(「SはOをVする」) 〔S ≠ O〕
 
1)を目つきで示す
He looks his hunger.
(彼は空腹のようだ)=He looks hungry.<(2)文型>
 
2)を確めよ
Look who it is.
(誰だか確かめてごらん)
 
3)を直視する
Look your enemy in the face.
(敵にまともに立ち向かえ)
 
4)を見つめて~させる
Don't look her to shame.
(彼女を見つめて恥ずかしがらせるな)
 
自動詞として使用されることが多い動詞は、その後に前置詞などを付け、目的語を取ることが多い。
 
looked at、listen to、comes to、talk about、・・・

「単語」ではなく「熟語」「イディオム」として記憶します。
自分の耳と口で、アウトプットしながらおぼえることが大事です。
 
(4) S+V+O1+O2(「SはO1にO2をVする」)

A supervisor gives us a briefing before we start work.
  (上司は、仕事を始める前に、私たちにブリーフィング〔簡潔な指示〕を与える)

Many companies provide their employees (with) seaside or mountain lodges.
  (多くの会社は従業員用に海や山のロッジを設ける)

He showed us how to operate the machine.
  (彼は私たちにその機械の動かし方を教えてくれた)

He told me that he would come again.
  (彼はまた来ると私に言った)

He asked me if I had experience in the business.
  (彼は私にその仕事に対する経験があるのかたずねた)

ある種の動詞、たとえばask、buy、give、pay、sell、send、show、teach、tellなどは、
2つの目的語をとることができます。

たとえば上の文A supervisor gives us a briefing before we start work.において、
動詞givesの直接の対象となっているものはbriefingであり、
これを直接目的語といいます。
 
と同時にusもgivesという動詞に間接的に関係しているわけですから、これを間接目的語と呼びます。

一般に直接目的語は「~を」、間接目的語は「~に」のように訳され、
語順は「~に、~を」、つまり「間接目的語+直接目的語」の順序となるのがふつうです。

★上に述べた語順が逆になって、「直接目的語+間接目的語」の順序になることもあります。
この場合、間接目的語の前にはto、forなどの前置詞が置かれ、修飾語(副詞句)の働きをすることになります。つまり文全体としては第3型式(S+V+O)の文型に変わります。

A supervisor gives us a briefing.
→ A supervisor gives a briefing to us.

Many companies provide their employees (with) seaside
or mountain lodges.

→ Many companies provide seaside and mountain lodges
  for their employees. (S+V+O+O)★

(5) S+V+O+C(「~は-を〔が〕-と〔に〕・・・する」) 〔O=C〕

I believe the man (to be) reliable. 
(私はその男を信頼できると思う)

These words made our boss happy. 
(こうした言葉が社長を喜ばせた)

They call the town Little Tokyo.
(人々はその町をリトル・トウキョウ〔小東京〕と呼んでいる)

I noticed someone standing by the door.
 (戸口にだれかが立っているのに気づいた)

Everyone reported him to be the best man for the job.
 (彼はその仕事に最適であると全員が報告した)

Will you please let me go in his place?
 (どうか私を彼の代わりに行かせてください)

上の文型中の動詞のように、目的語をとるだけでは意味が完結せず、さらにその目的語の状態や動作を表す語を補ってはじめて意味が完全になる動詞を不完全他動詞といいます。
 
またこのように目的語を補足説明する語を目的格補語と呼び、第2型式の主語を説明する補語(主格補語)と区別しています。
 
「品詞」について
 
 「品詞」とは、他の部分との繋がりを表すもの
英語で出てくる8つの品詞
1. 名詞N(nown)
2. 助動詞(auxiliar verb)
3. 動詞V (verb)・・・により、文型が、基本的な五文型に分かれる
4. 形容詞 (adjective)
5. 副詞 (adverb)
6. 接続詞 conj.(conjunction)
7. 前置詞 prep.(preposition)
8. 間投詞 (interjection,exclamation)

まずは「品詞」と「文の要素(S・V・O・C・M)」がまったく別物だということを理解しよう。

「~詞」という字が付いているにも関わらず、品詞の名前じゃないものがある。具体的には、 不定詞、分詞、動名詞、関係詞、疑問詞などがある。


 
文法は、細かく見ていくと、掲載量が膨大になり、憶えるのは時間帯効果から言っても、とても勧められない。
 
勉強してても、 例外だらけで、かえって惑わされる。
 
単純な複数形でさへ、例外だらけ
 
学校で、語尾が f または fe で終わる単語は、-ves にすると習ったはずです。
 
wife--wives, life--lives, shelf--shelves, carf--carves であてはまります。
しかし、
safe--safes, chief--chiefs, roof--roofs, puff--puffs, cuff--cuffs
という、例外が存在します。
 
逆のアプローチを考えた方が、良いと思わざるを得ない。
 
即ち、いろいろな、イディオム(成句、慣用句、熟語、諺・・いわゆる useful expresion)
を憶えるついでに、文法をその都度チェックすれば事足りるということだ。
 
順序を逆にすべきである。
 
 例えば、may について、いろいろな使い方を、イディオムから学んでみよう。
 
普通、mayは~しても良い・・という助動詞で、許可・可能性の意をあらわします。
 
ところが、次のイディオムを見てください。
 
May your days be happy and bright!
(あなたの日々が楽しくて輝かしいものでありますように。)
 
文法で習ったことが無いと思っても、これをそのまま、口に何回も出して、言ってみましょう。
 
そうすると、自然にこの、お祈りの文の語順が身についてきます。
 
May you succeed!
 
というフレーズを後日見たとき、なんとなく意味が分かるはずです。
「あなたは、成功しても良いですか?」なんて意味ではなく、?が!なので、
 
「あなたが成功されますように」という祈願・願望の文だとわかるはずです。
第何文型??なんて分析する必要は有りません。
 
慣れてくると、
 
I wish you a happy new year. の代わりに
May the nw year bring you happiness!
 
と言えるようになります。そして、これを応用して、
 
Let us pray that peace may soon return to our troubled world.
(平和が早くこの乱れた世界に帰って来るように祈りましょう。)
 
!は無いけど、上記も、祈祷文だと分かるようになります。
 
大事なことは、語順を崩さず、口に出して何回もリピートすることです。
 
May all your Christmases be white!
(あなた方全てのクリスマスが雪で白くなることを願います)
 
何回も、これをリピートすれば、all と your の語順は自然と分かるし、クリスマスは可算名詞で、祈祷文の、May -S -V-! の動詞Vは、原型だというのも記憶されるはずです。
 
そして、辞書でmay を引いたあなた。「連想記憶法」というのを紹介します。
 
ついでに、それに関連したことも調べておくと、記憶の引き出しが沢山できて、度忘れしなくなります。
 
救難信号で、メーデー!メーデー!とやってるのを耳にしたことがあると思います。
mayday・・ フランス語の m'aider(=help me)の命令形である m'aidez の英語読み。
 
と辞書に出てます。へえ!フランス語だったんだ。とびっくりして祈祷文と一緒に記憶に残りやすくなります。
 
大文字の、May Day は5月1日の労働祭または5月の女王を選ぶイギリスの5月祭です。
 
may にまだ興味が有れば、他のイディオムも見てみましょう。
 
be that as it may・・・どんなことがあっても
I'll have another piece of cake ,if I may.
(もしよろしければ、ケーキのお代わりください)文末に置く 
I may say・・・言っておきますが・・
 
沢山、文例に触れた方が、語感・語順感覚がつかめる。
文法は、中学英語程度でも、実用上問題ない。
 
それより語彙力、イディオム力を高めなければならない。
特に、動詞の語彙力を増やすと、文法力も自然に付いてくる。
 
正しい語順は、耳で慣用句を聞き、シャドーイングしていれば、悩むことなく身に付きます。
 
文法の勉強は、インプットだけになりがちです。
翻訳家や受験英語には、必要かもしれませんが、アウトプットが無いので、英語を話す実践力は付きません。
 
かえって、文法の生半可な知識が邪魔になることさへ有ります。

疑問文や否定文には、any を使うと習ったと思いますが、口語では、頻繁に
 
Would you like some coffee?
(コーヒーでもいかが?)
Can I say something?
(一言いい?)
 
some が疑問文で使用されます。any はこの場合使いません。
イディオムとしてそのまま、リピートしましょう。
 

 
to 不定詞も、中学文法くらいは、読んでおく方が良いですが、これもイディオムとして、口で反復練習したほうが、会話で反射的にでてきます。
 
I'd like something to drink.
(何か飲み物がほしい)
 
It's a sin to tell a lie.
(嘘は罪)
 
これを、慣用句として、リピートしていれば、X I want to drink something.
なんて言わなくなります。意味上の主語も、ああこれかと理解できます。
 
to each other・・お互いに なんてこれだけ取り出して憶えると危険です。
 
イディオムで覚えましょう。
文法的に合ってると思ってもそう言わないというのが、多い。
 
We walked towad each other.
(我々は互いに歩み寄った)xto,withは使えない
 
They smiled at each other.
(彼らは互いに微笑んだ) xto
 
They talked with each other.
(彼らは互いに話し合った)xto
 
*I saw him come in. ➡ He was seen to come in.
(彼が入るのを見た)
 
これを、そのまま音として、覚えましょう。30回ぐらい繰り返してみましょう。
 
文法書だと、感覚動詞(feel,hear,notice,see,watch)
や使役動詞(let,make,have)の目的格補語となる場合は、toをつけない。
受動態の場合は、to を付ける・・・
 
と説明されていて、一瞬なんだか理解できなくて焦るかも知れません。
しかし、*を、リピートしていれば、受け身でtoを忘れた場合、口調に違和感を感じて、
間違いに気づくようになります。

アウトプットの勧め
 
毎日、一つでも、日本語を英訳してみる。
 
★朝、風邪気味で、鼻水が垂れたら、
 
1)和英辞書で、「鼻水」を探す。snivel<スニヴル>・・鼻水(を垂らす)と出てた。
 
2)  英和か英英辞書で、snivel を使った例文を探す。
I can't help sniveling,today.
(今日はすすり泣かずにいられない)
 
あれっ?ちょっと違うな。他に、この例文が有った。
I have a runny nose this morning.
 (今朝は鼻が垂れる)
 
この、面白いイディオムを今日は、覚えよう・・・と決心し、反復練習に励む。
 
★天気が良いので、家に閉じこもるより、外出したいと思い、その気持ちを英語で表してみる。
 
1)ちょっと頭を働かせて、むしろ・・ratherを使って言えるかも?と英和で調べる。
 
2)  It's so fine today.I'd rather go out than stay home.
 
雨が降ってて、外出したくないときは、
3)I'd rather not go.
 
口調でおぼえれば、to を間違って入れることもないと思います。
 
辞書や歌詞に、文例が沢山出ている。
それを利用すれば「文法的には合っている。けど使わない和声英語」を回避できる。
 
結論
 
文法を勉強するのは、無駄にはならないが、英会話の邪魔になることがある。
 
文法間違いをしないよう話そうとすると、会話の流れが止まったり、変な英語(和製英語)になる。
 
すでにネイティブが使っている文例を参考に、少しづつ単語を変えて使ってみるのが大切。
 
インプットが主な文法勉強より、アウトプットを重視した文例の声出しリピートが効果的。
高度な文法力は、後からついてくる。
 
明治維新じゃないんだから、読書による文法勉強はもう止めて、文例のアウトプットか、耳によるネイティブのgrammar解説を聞くようにしよう。
 
読書による文法勉強は時間の無駄。
 
というわけで、「文法弱いの」と思っているかた、弱くて結構!
中学程度の、文法を一通り読んだら、文法はもう、Period!
 
1) 口による、イディオムのアウトプット
 
管理人作成の、これでもかのイディオムサイト
 
1000イディオム前半~英語500イディオムA~Z
 
LinkIconABCD
LinkIconEFGH
LinkIconIJKLMNOP
LinkIconQRSTUVW
 
1000イディオム後半~日本語500英訳
 
LinkIcon4語以内の短文300   LinkIcon日本語慣用句200英訳
 
 
2) 耳による、イディオムのLinkIconインプット
 
に励みましょう。
要するに、 音を重視してください。
  
US英語CAFE 掲示板

US英語CAFE御利用の皆様、こんにちは!
CAFE利用者様の質問用にご使用ください。⇒LinkIcon掲示板