US英語CAFE
<英語に関するALL ABOUT>      

US英語
      
発音記号と発音動画

発音記号と発音動画

YouTube英会話動画

英語お役立ちサイト、無料学習サイト、英語の総合情報サイトです


 
英語イディオム1000フレーズ
 
映画や英語ネイティブ同士の会話が理解できるためのページです。
イディオムに数多く触れるうち英語文化圏の考え方が分かってきます。
イディオムを制する者は英語を制す。
 
1000のうち前半の500は英語のイディオム、あとの500は日本語のイディオムです。
 
前半の英語500イディオムで聴く力が、圧倒的に増強され、後半の日本語500イディオムで話す力が圧倒的に強まります。
 
英語500イディオム DEFGH
 
イディオムを見て、意味が思い浮かばなかったら答えを見ましょう。
丸暗記ではなく、そのイディオムの由来を知ることが大事です。
1回では、すぐ忘れるので、A~Zまで何回か繰り返し読むこと。
 
これをやらずに、英語の達人にはなれません。
発音や文法が分からない、Japlish(和製英語)段階の人は特に、この地道なイディオム遊びをやってください!
 
D)
day in and day out---Patricia has ben studying for her bar examination day in and day out.
パトリシアは明けても暮れても、司法試験に備えてずっと勉強している
;日が入り日が出る➡来る日も来る日も、明けても暮れても、絶えず
 
a Dear John letter---Randy finally received a Dear John letter this week.
ランディは今週、ついに(妻から)別れの手紙を受け取った
戦地でよく恋人や妻から、Dear John(Dear その他の名)で始まる別れの手紙を受け取ることがあるから➡別れの手紙、絶縁状、離縁状(日本の三下り半と反対で女性から)
 
die like a dog---My uncle lost both his money and health, and ended up dying like a dog.
叔父はお金を失ったうえに健康も損ねて、みじめな死に方をした 
;犬の様に死ぬ➡みじめな死に方をする、悲惨な死に方をする
 
the dog days of summer---Japanese eat eel during the dog days of summer.
日本人は土用の丑の日にウナギを食べる
;古代ローマで真夏に暑いのは、大犬座の一等星のせいだとされていたことから➡夏の最も暑い時期
 
dog-ear---Don't dog-ear this book. It's quite expensive.
この本のページに折り目をつけないでね。高いんだから
;動詞)犬の耳にする➡ページの隅を三角に折る(栞代わりに、ページを折ると犬の耳の様に見えるから)
 
the dog-eat-dog world---My daughter  works in the dog-eat-dog world of show business.
娘は生き馬の目を抜くような芸能界で生きている
;犬が共食いする世界➡生き馬の目を抜くような社会、食うか食われるかの世界
 
a dog in the manger---Paul is a dog in the manger.
ポールは」意地悪な奴だな
;イソップ寓話で、犬が飼い葉桶に入り、牛が牧草を食べるのを邪魔したことから➡意地悪な人
 
donkey years(=donkey ears)---It's been donkey years since they got divorced.
彼らが離婚してから、かなりの年月が経つ
;ロバは長寿命で飼育下で40~50年、野生で25~30年生きることと、耳が長いことから➡副詞)非常に長い間、久しく 
 
do the donkey work---When do we get out of doing this donkey work?
いつになったら、この退屈で骨折りな仕事から抜け出せるんだろう
;ロバの仕事をする➡英)退屈で骨折りな仕事をする、力仕事をする
 
down at the heels---That man seems to get down at the heels, but he is well educated.
おの男はみすぼらしいけど、、学歴は高いんだ
;靴の踵がすり減った(ままにしている) ➡みすぼらしい身なりで
 
drink like a fish---Kirk drink like a fish, but I've never seen him get drunk.
カークは大酒飲みだけど、酔っぱらったのを見たことが無い
;魚の様に飲む(魚が口をパクパクさせ大量に水を飲んでいるように見えることから)➡大酒を飲む、酒豪である
 
drive someone bananas---That guy keeps bothering me. He drives me bananas.
あいつはずーっと俺の邪魔をしているんだ。全く頭に来るよ
; bananas  は形容詞で「狂って」。サルにバナナを見せると食べたくて興奮するので➡気を狂いそうにさせる、夢中にさせる、気をおかしくさせる
 
drive someone nuts---My next door neighbor is so noisy,so he is driving me nuts.
隣の部屋がうるさくて、気が狂いそうです
;上の、bananas と同じ意味。こちらも複数形
 
drive one's pigs to market---I stayed with Bill last night. He really drove his pigs to market.
昨夜ビルのところへ泊ったら、彼は大いびきをかいてたよ
;豚を市場へ連れていくと嫌がって泣き叫ぶことから➡大いびきをかく
 
drop something like a hot potato---Meg found out that Tom was cheating on her, and she dropped him like a hot potato.
トムが自分を裏切ったことを知って、メグはすぐに彼と別れた
; a hot potato は、厄介なもの、の意。➡慌てて捨てる、急いで決別する
 
as drunk as a fish---At the welcome party, Tom was as drunk as a fish.
歓迎会でトムはへべれけになった
;魚が大酒を飲むように水中で口を動かすことから連想して➡ひどく酔っぱらって
 
dry behind the ears---My brother is dry behind the ears.
弟はもう一人前です。
;風呂上がりに、小さい子は耳の後ろを拭けないので、未熟なことを、wet behind the ears ,と言いますが、大人で一人前になると、拭けるので,dry behind the ears➡一人前で、経験を積んで
 
E) 
an eager beavere---Look at Tom work. He is a real eager beaver. 
トムの働きぶりを見ろよ。あいつすごい張り切り屋だな
 ;ビーバーは積んい動き回っているので、熱心なビーバー➡良く働く人、勤勉な人
 
an early bird---My grandfather is a real early bird, and takes a walk for two hours before breakfast.
祖父はほんとに早起きで、朝食前に2時間も散歩するんです
The early bird catches the worm.(早起きの鳥が虫にありつく)➡早起きは三文の徳、という諺から➡早起きする人(↔night owl)
 
one's ears burn---You were all talking about me yesterday,weren't you?  My ears were burning.
君たち昨日僕の噂をしたろ?くしゃみが出たよ
;誰かに噂されると、耳がほてるという迷信から、耳が燃える➡誰かが噂をする
 
They made easy meat of the elderly woman,tricking her out of all her money.
彼らはその老婆をカモにして、有り金を全部だまし取った
;簡単に手に入る肉↔いいカモ、かっこうの餌食、容易に手に入るもの
 
eat crow---You should just eat crow. Otherwise, you will be fired.
自分の非を認めるべきだ。さもないと首だ
;(1812年の英米戦争の時、英国エリアのカラスを米兵が撃ち殺したが、罰としてそれを米兵に食わせたことから)、カラスを食べる➡ 余儀なく誤りを認める、自分の非を認める
 
eat dirt---I'd rather die than eat dirt.
屈辱を味わわされるくらいなら、死んだ方がましだ
;謝るときに姿勢を低くし過ぎて口に泥が入ることから、泥を食べる➡ひどい屈辱に甘んじる、侮辱を受ける、恥を忍んで謝る
 
eat one's heart out---Jm is eating his heart out over not having married Susan.
ジムはスーザンと結婚できなくて、悲嘆に暮れている
;旧約聖書)自分の心臓を食べつくす➡悲嘆に暮れる、あこがれや嫉妬に身をこがす、悲しみにさいなまれる
 
eat high off the hog---Generally speaking, many Japanese Diet members eat high off the hog.
一般に日本の国会議員の多くは裕福な暮らしをしている
;豚肉のおいしい部位が背中の高い所にある事から、豚の高い所を食べる➡裕福に暮らす、贅沢三昧の暮らしをする
 
eat humble pie---Bill made a mistake again, so he had to eat humble pie.
ビルはまた間違いをしたので屈辱を味わわなければならなかった
;humble pie(粗末なパイ) は鹿の腎臓,腸,肝臓,心臓などのモツを煮て,リンゴなどの果物とナツメグ,クローブなどの香辛料,それに塩と砂糖で味付けして動物の脂肪を加えて混ぜ合わせて作るパイ。上流階級の人間など口にしない料理。使用人用のパイ。「モツ肉」を意味する umble という語が訛って、humble になった。韻を踏んだ言葉遊び
 
eat like a bird---Mary eats like a bird.
メアリーは、少食だ
;鳥のように食べる➡とても少食だ、小鳥ぐらいの量しか食べない(習慣的な場合のイディオム)
 
eat like a hog(=eat like a horse)---Dick eats like a hog.
ディックはがつがつ、よく食べる
;豚の様に食べる➡がつがつ沢山食う、(hog の方が pig より大きくて太ったイメージが有るため 「eat like a pig・・汚らしい食べ方をする」とは意味が違う)
 
eat out of someone's hand---I've done Tom so many favors, he should be eating out of my hand.
トムの頼みは何度も聞いてやったから、奴は俺の言いなりのはずだ
;飼い慣らされた動物は手から直接えさを食べることから、誰かの手から食べる➡人の言いなりになる、意のままにされる、扱いやすい(eat out だけだと、外食する、の意味)
 
the end of the rainbow---Many Japanese visited that country, because it was billed as the enf of the rainbow.
多くの日本人があの国へ行ったのは、あの国が夢の国と宣伝されていたから
;a pot of gold at the end of the rainbow(虹のふもとには金の壺がある)という迷信から➡見果てぬ夢 、かなわぬ夢、手の届かぬ夢、夢の国
 
every Tom,Dick and Harry---Nowadays, every Tom,Dick and Harry has a cellphone.
今は、猫も杓子も携帯電話を持っている
;どのトム、ディックもハリーも(男性名だが女性に使用可)➡誰もかれも、猫も杓子も
 
eyeball to eyeball--- The two were eyeball to eyeball until one of them backed down.
一方が引き下がるまで、その二人はにらみ合っていた
;目玉対目玉(=face to face)➡顔と顔を突き合わせて、喧嘩腰で
 
one's eyes are bigger than one's stomach---My eyes are always bigger than my stomch.
私、いつも欲張って、食べきれないほど取っちゃうの
;腹より目が大きい➡比喩)食べきれないほど欲張る、目が卑しい
 
F)
face the music---Randy made a mistake, so he had to face the music.
ランディは過ちを犯したので、甘んじて報いを受けなければならなかった 
 ;音楽が得意でない人が、難しい譜面に挑むことは、「難しい局面に堂々と立ち向かう」ことを意味します➡音楽に直面する➡比喩)堂々と批判を受ける、甘んじて報いを受ける
 
fall flat on one's face---When I gave a presentation for the first time, my mind went blank in front of many people and I fell flat on my face.
初めて大勢の前でプレゼンした時は、頭が真っ白になって完全に失敗した
;うつ伏せに(ぶざまに)倒れる➡完全に失敗する
 
fall on deaf ears---My demand fell on deaf ears again.
私の要求はまたも聞き入れられなかった
;聞こえない耳の上に落ちる➡聞き入れられない、無視される、馬の耳に念仏
 
a feather in one's cap---Getting a Ph.D. was a feather in Sally's cap.
博士号の取得はサリーの自慢の種だった
;インディアンが敵を倒すたびに、成功を称えて帽子の羽を増やしていったことから➡自慢の種、誇りとするもの、手柄 
 
feed one's face---Tony goes to parties to feed his face , but not meet people.
トニーは、人と知り合うためにパーティーに行くのではなく、たくさん食うために行く
;(胃に食わせるのでなく限度の無い自分の)顔に食わせる➡やたらに食べる、ぱくつく
 
feel a lump in one's throat---My mother says she feels a lump in her throat whenever she sees a moving scene on TV.
母はテレビで感動的な場面を見るたびに、熱いものが胸にこみ上げて来ると言っている
;喉に塊を感じる➡胸に熱いものがこみ上げて来る、胸がいっぱいになる
 
feel like a new man---Since I stopped smoking, I feel like a new man.  
禁煙してからすっかり健康が回復しました
;新人のように感じる➡生まれ変わったように感じる➡比喩)すっかり健康が回復する、すっかり元気を取り戻す
 
fight like cats and dogs---My parents used to fight like cats and dogs when I was a child.
僕が子供のころ、両親はしょっちゅう激しく喧嘩していた
;犬と猫のように争う➡(相性が悪く)いつも激しく喧嘩する
 
find one's tongue---My mother was so surprised at the news. She found her tongue after a few minutes.
母はその知らせにとても驚き、2,3分経ってからようやく口がきけるようになった
;自分の舌を見つける=驚きや恥ずかしさでどこかへ行ってしまった舌を再び見つけ出す➡ようやく口がきけるようになる
 
a fish story---Come on, Dustin. Stop telling me your fish stories. 
おいおい、ダスティン。ほら話はいい加減にしろよ
;釣り人が逃がした魚の大きさを誇張することから、魚の話➡誇張した話、大ぶろしき、ほら話、まゆつば
 
one's fly---Your fly is open.
君の社会の窓、開いてるよ 
;ここでの fly はボタン隠し、ファスナー隠し➡~の社会の窓、ズボンの前チャック、ジッパー
 
the fly in the ointment---The fly in the ointment is that Linda is not friendly.
リンダはフレンドリーでないのが、玉に瑕だ
;軟膏(化粧用の香油)に入った一匹のハエ➡玉に瑕、唯一の欠点
 
follow one's nose---I didn't have any experience with that, so I just followed my nose.
そのことには、何の経験も無かったのでただ勘に頼るしかなかった
;(犬の様に)自分の鼻を頼りに追う➡勘に頼る、本能のままに進む、直感に従う
 
for the birds---I think school education is for the birds. Making money is more important.
学校教育はくだらないと思う。金儲けの方がもっと大切だ
;(たかが)鳥たちの餌のため=取るに足りないこと➡つまらない、くだらない
 
as fresh as a daisy---My grandma is 90 years old, but she's still as fresh as a daisy.
祖母は90歳ですが、まだ元気そのものです
;(太陽の象徴である)ヒナギクの様に新鮮な➡まるで疲れを見せない、元気そのものの
 
from head to toe;(toe=foot,heel)---I went out without taking an umbrella, and got soaked from head to toe.
傘を持たずに出かけたので、全身ずぶ濡れになった
;頭からつま先まで➡頭のてっぺんからつま先まで、全身くまなく
 
from soup to nuts---This encyclopedia includes everything from soup to nuts.
この百科事典には何から何まで全部載っている
;(コース料理の様に)スープから木の実(ナッツを使ったデザート)まで➡最初から最後まで、何から何まで、一部始終、端から端まで
 
full of beans---I think Jeff will do it. He's full of beans.
ジェフはそれをやると思うよ。彼、やる気満々だから
;豆でいっぱいで・・(馬が豆を腹いっぱい食べ元気になることから)➡元気いっぱいで、活気に満ちて
 
G)
get a foot in the door---If you lend me five million yen, I can get my foot in the door in that business.
君が500万円貸してくれたら、その仕事の足掛かりを掴めるんだ
;(少し開いたドアに片足を挟むと、相手はドアを閉めることができないことから、ドアに片足を挟む➡足掛かりを掴む、きっかけをつかむ
 
get blood out of a stone---Asking Eddie for some money right now is like trying to get blood out of a stone.
いまエディに借金を頼んでも、とても無理だよ 
;石から血を取る➡不可能なことをしようとする➡比喩)無い袖は振れない、文無しの人から金をとる
 
get someone by the short hairs---I have to do what they say. They've got me by the short hairs.
俺は奴らの言う通りにしなければならないんだ。弱みを握られているからね
;~の短い毛(=pubic hair 陰毛、の遠まわし語)を掴む➡人の弱みを握る、人の泣き所を掴む、人の首根っこを押さえる
 
get down off one's high horse---I wish that new hire in my section would get down off his high horse.
うちの課の新顔、偉そうな態度を止めてほしいよ
;(昔、お偉方が背丈の高い馬に乗って見下すような態度を取ったことから、)背丈の高い馬から降りる➡偉そうな態度を止める、傲慢な態度を止める
 
get one's goat---How come you always get my goat?
なぜお前はいつも俺をイライラさせるんだ
;How come~=Why do you~、keibade
馬を落ち着かせるため山羊を厩舎に入れる習慣がありましたが、競馬競争相手が自分の馬を有利にするため、それを盗んだことから、人の山羊を得る➡比喩)イライラさせる、怒らせる
 
get in someone's hair---Ann is one girl who gets in my hair.
アンはとてもしゃくに障る女の子だ
;(髪の毛に虫などが入り込むとなかなか取れないことから)~の髪の毛の中に入る➡人の邪魔をする、しゃくに障る、人を悩ます、イライラさせる
 
get in on the ground floor---Mr. Johnson became president of the company, because he got in on the ground floor.
ジョンソン氏が社長になったのは、最初からその会社にいたからだ
;(途中階からでなく)1階から入る➡最初から参加する
 
get it in the neck---I missed the deadline for the term paper and I got it in the neck.
期末レポートが締め切りに間に合わず、指導教官にこってり油を搾られた
;it は刑罰のこと・・首ででそれを得る➡首切りの刑を受ける➡比喩)ひどい目にあわされる、大目玉を食う、ひどく叱られる
 
get off one's back---Get off my back. I'm doing my best.
うるさく言うのはやめてくれ。最善を尽くしているんだから
;人の背中から降りる➡比喩)肩越しにうるさく指図するのを止める、アレコレうるさく言うのをやめる、批判するのをやめる
 
get off on the wrong foot---We got off on the wrong foot when we tried to do it by ourselves without any experience.
何の経験も無しに自分たちでそれをやろうとしたので、出だしでつまずいた
;(行進の時左足から出るべきなのを右足から出てしまうように)反対の足から降りる➡出だしで躓く、へまをやる
 
get someone off the hook---Even though I came home again early this morning, my good excuse got me off the hook with my wife.
今朝また朝帰りしたけど、うまく言い訳したので、妻は大目に見てくれた 
;釣り針から外す(魚が上手く逃げ出すイメージ)➡比喩)~を大目に見る、窮地から救う
 
get out of hand---By the time I got to the old house, the fire had gotten out of hand.
その古い家に到着するまでに、火は手に負えない状態になっていた
;(手綱を掴んでいる)手から離れる➡手に負えなくなる、収拾がつかなくなる
 
get rocks in one's head---What are you doing,Frank? You've got rocks in your head?
フランク、何やってんだ!お前頭がおかしいんじゃない?
;〈脳みその代わりに)頭に岩が入っている➡米)頭がおかしい、頭がどうかしている
 
get something straight from the horse's mouth---Mariko got a scholarship to
study in the U.S. I got the news straight from the horse's mouth.
真理子がアメリカ留学のための奨学金にうかったよ。直接本人の口から聞いた情報だよ
;(馬の年齢は歯の長さを見れば歯茎の後退状態で判ることから;競馬からの由来説もある)馬の口から直接~を得る➡直接本人から~を聞く、確かな筋から~を聞く
 
get the air---I got the air from her yesterday.
昨日彼女に振られた
;空気(この air は、良くない雰囲気、)を得る➡米)ふられる、冷たくあしらわれる,解雇される
 
give someone the air---I'm sad. He gave me the air.
悲しいわ、彼に振られたの
;~に(冷たい)雰囲気を与える➡~を振る、すげなくする、冷たくあしらう
 
get the cold sholder---Tom got the cold shoulder from Meg when he asked her for date.
トムがメグにデートを申し込んだら、彼女に冷たくあしらわられた
;前記の got the air と同様。昔、目下のものには冷たい肩肉を出す習慣があったことから、冷たい肩をもらう➡冷たくあしらわれる、無視される、振られる
 
get up on the wrong side of the bed---Larry has a long face today.He must have gotten up on the wrong side of the bed.
ラリーは今日、浮ぬ顔をしている。機嫌が悪いに違いない
;ローマ時代ベッドの左側には悪霊がいるとされ、朝、ベッドの左側から降りると縁起が悪いとされたことから、ベッドの反対側から起きる➡、機嫌が悪い、縁起が悪い
 
get wind of---Why did he get wind of our plan?
どうして彼は 我々の計画を嗅ぎつけたんだろう
;動物が気配を風によって嗅ぎつけることから、風邪を得る➡聞きつける、嗅ぎつける、感づく、知るようになる
 
give someone a whale of a good time---My host family gave me a whale of a good time in Chicago.
私のホストファミリーがシカゴを案内してくれたので、とても楽しく過ごせた
;~にクジラのような(強調=lot)楽しい時をくれる➡もてなして大いに楽しませてくれる
 
give someone some lip---Can you believe Tom gave the president some lip?
トムが社長に生意気な口をきいたって、信じられる?
;(ここの lip は、生意気、の意。None of your lip!・・生意気言うな!)➡~に生意気な口をきく
 
give someone the boot---As Mike came to work Late many times, the boss finally gave him the boot.
マイクは何度も仕事に遅れてきたので、ボスはついに彼を首にした
;ここの boot は、解雇、お払い箱の意。~に長靴を片方やる➡~を解雇する、おっぽり出す、首にする
 
give someone the green light---Professor Smith finally gave me the green light after I had revised my draft for the fifth time.
スミス教授は、論文を5回書き直したらやっとゴーサインを出してくれた
;緑の信号を与える➡許可を与える、進めても良いとする、ゴーサイン(青信号)をだす
 
give someone the red-carpet treatment---They gave us the red-carpet treatment in that country.
我々は、あの国で丁重なもてなしを受けた
;他国の高官を歓迎するとき通路に赤い絨毯を敷くことから、赤い絨毯の扱いを与える➡比喩)丁重に迎える、盛大に歓迎する
 
give voice to something---Dennis is very patient. He never gives voice to his anger.
デニスは忍耐強い。決して怒りを表に出さないから
;この voice は意見などの表明。~に声を与える➡表に出す、口にする、意見を言う
 
go against the grain---It goes against the grain to do something like that.
そんなことするのは、私の性分に合わない
;この grain は、木目の事。木目に逆らう➡性分に合わない、望みに反する
 
go ape over someone---Many Japanese middle-aged women are going ape over him.
多くの日本の中年女性が彼に夢中になっている
;猿はバナナなど好きなものを見ると興奮して騒ぐことから、~に猿になる➡すごく熱を上げる、夢中になる
 
go bananas---If my father hears that I got pregnant, I'm sure he'll go bananas.
私が妊娠したことを聞いたら、父は間違いなく激怒するわ
;上記と同様、(バナナを見て)➡興奮して大騒ぎする、気が変になる➡(さらに)気が変になる、頭に来る、激怒する
 
go back to the salt mines---Well, it's time to go back to the salt mines again.
ああ、また仕事に戻る時間だ
;ロシアではかつて囚人たちがシベリアの岩塩採掘抗で重労働にあえいでいたことから、おどけて、岩塩採掘抗に戻る➡辛い職場に戻る、いやいや仕事に戻る
 
go down the drain---In the end, all our efforts went down the drain.
結局、我々の努力はすべて水泡に帰した
;排水溝に流れて行く ➡比喩)無駄になる、水の泡となる
 
go home in a box---Don't work too hard, or someday you'll gou home in a box.
あまり無理するなよ。さもないと、いつかぽっくりいっちゃうよ
;この box は、棺桶の事。棺桶に入って帰宅する➡よそで死んで棺桶に入って帰宅する➡ぽっくり死ぬ、よそで突然死する
 
a good egg---I'm sure you can get along with Oscar. He is a good egg.
君はオスカーと上手くやっていけるよ。彼は良いやつだから
;この egg は、奴、小僧という意味。いい卵➡性格のよい人、感じのいい奴、信頼のおける人
 
go off one's onion---After Meg left Jim, he went off his onion.
ジムはメグに振られて、頭がおかしくなった
;この onion は、英)おつむ、のこと。玉ねぎ(頭)から離れる➡頭が変になる、気がふれる、理性を失う
 
a goose egg---They got two goals. All we got was a goose egg. 
彼らは2得点したが、我々の得点はゼロだった
;スポーツや試験で0点を、形から、ガチョウの卵、という。ガチョウの卵➡零点,ゼロ点
 
goose pimples---Just thinking about meeting him gives me goose pimples.
彼に会うと考えただけでも鳥肌が立つわ
;ガチョウの肌のぶつぶつ➡鳥肌(=goose bumps ,gooseflesh)
 
go to bed with the chickens---My grandmother always goes to bed with the chickens, and gets up early in the morning.
祖母はいつもすごく早く寝て、朝は早いんです
;ニワトリと共に床に就く➡とても早い時刻に寝る
 
go to one's head---Just because you beat the top player, don't let it go to your head.
一流選手を打ち負かしたからとて、自惚れるな
;元は it はアルコール。酒が頭にを酔わせる➡比喩)自惚れる、興奮させる
 
go to the dogs---Since they moved into the neighborhood, it's gone to the dogs.
彼らがこの地へ引っ越ししてきてから、この地域はすっかり悪くなってしまった
;腐りかけたものや人間が食べられないものを犬に与えたことから、犬の所へ行く➡堕落する、落ちぶれる、すさんだ生活をする
 
go up in smoke---As his father died, his plan to extend the business went up in smoke.
父親が亡くなって、事業を拡張するという彼の計画ははかなく消えた
;煙となって上がっていく➡はかなく消える、雲散霧消する、水の泡となる
 
go white---Jesse went white when he heard th news about his mother developing cancer.
ジェシーは母が癌になったと聞いて、真っ青になった
;〈血の気が引いて)白くなる➡真っ青になる=turn white
 
go whole hog---I got a bonus. Let's go whole hog and order an expensive dinner tonight.
特別賞与をもらったから、今夜はドーンと豪華な食事といこうぜ
 
ここの hog は、昔、お金の1シリング。1シリング丸ごと使う➡徹底的にやる、行きつくところまでやる
 
grease someone's palm---The man obtained the contract by greasing the palms of several city officials.
その男は数人の市役所職員に賄賂を使って、契約を手に入れた
;palm に動詞で、賄賂を贈る、という意味がある。手のひらに油を塗る➡金を握らせる、賄賂を使う
 
as green as grass---The new hire is as green as grass, but he seems to competent enough to do this job.
あの新入りは未熟だけど、この職をこなす能力は十分有りそうだ
;green に、未熟な、という意味が有る。草の様に緑な、➡未熟な、青二才の、未経験の
 
H)
hair of the dog---You've got a hangover? Well, why not take some hair of the dog that bit you?
二日酔いだって?それなら、迎え酒をやったらどうだ?
;犬に噛まれた傷は噛んだ犬のしっぽの毛を焼いて傷口に塗ると治るという迷信から、毒をもって毒を制すと同様の意味。犬の毛➡二日酔いを直すための酒、迎え酒
 
hang by a hair---That president's influence is hanging by a hair.
あの大統領の影響力も風前の灯火だね
;一本の髪の毛でぶら下がる➡風前の灯である、瀕死の状態である
 
hang one's head  in shame---How could you do such a thing? You should hang your head in shame.
恥ずかしさで、頭を垂れる➡大いに恥じる
 
have a ball---Thank you for inviting us. We had a ball tonight.
お招きありがとうございました。今夜はとっても楽しかったです
この ball は舞踏会、楽しいこと、の意味。舞踏会を持つ➡大いに楽しむ、とても楽しい時間を過ごす
 
have a bee in one's bonnet---Tha man has bees in his bonnet, but we all like him anyway.
あの男はある考えに取りつかれてるけど、ともかくみんなに好かれています
;この bonnet は帽子。自分の帽子の中に蜂がいる➡~という考えに取りつかれている
 
have a big mouth---Don't tell this to Meg. She has a big mouth.
メグには内緒にしてね。彼女はおしゃべりだから
;大きな口は、比喩で、大口をたたく、生意気な口をきく、ペラペラしゃべる・・ですが、ここでは、文脈から、口が軽い、おしゃべりだの意味
 
hav a bone to to pick with ~---The man said to me, "I have a bone to pick with you."
その男は、私に「お前に文句が有る」と言った
;(相手の犬など)と取ろうとして争っている骨を持つ➡比喩)~に文句が有る、~に苦情を言う
 
have a bug up one's ass---As Jim won't get out and find a job, his father has a bug up his ass.
ジムが職探しにでかけないので、父親はイライラしている
;尻のところまで虫が来ている➡卑語)イライラしている、そわそわしている、頭に来ている
 
have a finger in the pie---Your idea to start up a specialty store is super. I wish I had a finger in the pie.
特選品の専門店を開店するという君の考えは素晴らしい。僕も一枚加われたらなあ
;この pie は 比喩で、計画や事業のこと。パイの中に指を突っ込む➡(計画に)首を突っ込む、参加する、一枚加わる
 
have a frog in one's throat---Sorry I have a frog in my throat. I have a bad cold.
ごめん。しわがれ声で。ひどい風邪を引いちゃって
;自分の喉にカエルがいる=カエルみたいな声が出る➡しわがれ声である
 
have a glib tongue---You'd better be careful when you talk to that salesperson. He has a glib tongue. 
あの販売員と話すときは気を付けたほうがいい。彼は口がうまいからね
;良く回る舌を持つ➡舌先三寸だ、口が上手い、巧みに言い逃れる
 
have a grain of sense---Scott wouldn't have done such a thing, if he'd had a grain of sense.
スコットに少しでも分別があったら、あんなことをしなかったろうに
;この grain は、ごく少量の意味。senseは、分別、思慮、常識
 
have a green thum---Her garden is always beautiful. She must have a green thum.
彼女の庭はいつもきれいだ。きっと園芸の才があるに違いない
;(いつも植物を触っているので)緑色の親指をしている➡比喩)園芸の才がある
 
have a hand in something---The politician was arrested on a charge of taking bribes. I think the presssident of that company had a hand in it.
その政治家は収賄容疑で逮捕された。思うに、あの会社の社長も一枚噛んでいるんじゃないかな
;あるものに手を入れている➡比喩)一枚噛んでいる
 
have a heart of gold---Mrs.Truman has a heart of gold. She volunteers to take care of people in need.
トルーマン夫人は心の優しい女性だ。彼女は困っている人を見ると進んで面倒を見る
;黄金の様に美しい心持っている➡思いやりが有る、優しい心を持っている
 
have a memory like an elephant---My grandpa is 90 years old, but he has a memory like an elephant.
祖父は90歳になりますが、まだ記憶力は抜群です
;(象はとても記憶力が良い動物だとされているので、)象のような記憶力を持つ➡飛びぬけて記憶力が良い
 
have an itchy palm---In that country,everybody has an itchy palm including the police.
あの国では、誰もかれも警察までもが賄賂を欲しがる
;palm 自体に、動詞で賄賂を贈る、という意味がある。手のひらが(賄賂を欲しがって)ムズムズする ➡賄賂を欲しがっている、欲が深い
 
have a good nose for something---Bob is a young reporter, but has a good nose for interesting news stories.
ボブは若い記者だけど、面白いニュース・ネタを嗅ぎつけるのが上手い
;~に対して良い鼻を持っている➡比喩)嗅ぎつけるのが上手い
 
have ants in one's pants---I'm going to meet her parents for the first time and have ants in my pants.
僕は、初めて彼女の両親と会うので、何だかソワソワする
;ズボンの中に蟻がいる➡比喩)落ち着かない、ソワソワしている
 
have a sweet tooth---My husband has a sweet tooth since he stopped smoking.
夫は、タバコを止めてから、とっても甘いものを好きになった
;甘い歯を持つ➡比喩)甘いものが好きである、甘党である
 
have bats in one's belfry---Jim has bats in his belfry. He just wanders around outside his house at night.
ジムはひどく変わっている。夜になると自分の家の周りをうろつくんだ
;belfry は、教会の鐘楼のこと、頭を意味する。教会の鐘楼の中にコウモリがいる➡比喩)とても変わっている、頭がどうかしている
 
have butterflies in one's stomach---I had butterflies in my stomach just before I went on the stage to sing. 
私は舞台で歌う直前に緊張してドキドキした
;胃の中に蝶々がいる=胃の中で蝶が羽をバタバタさせている➡比喩)(不安、緊張などで)ドキドキする、ソワソワして落ち着かない
 
have someone eating out of one's hand---I don't know how that man has that many girls eating out of his hand.
あの男が、どうやってあんなに多くの女の子を手なずけているのか分からない
;(ペットや家畜のように)人に手から食べ物を食べさせる➡(なんでも言うことを聞くように)手なずける
 
have egg on one's face---The city mayor has egg on his face, because he was involved in scandal.
市長はスキャンダルにかかわって、恥をさらした
自分の顔に卵をぶつける➡比喩)(卵を投げつけられて)きまりの悪い思いをする、面目を失う、恥をさらす、恥をかく
 
have eyes in his head---If jack has eyes in his head, he won't buy that old car.
もしジャックが間抜けでなければ、あんな古い車は買わないだろう
;頭の中に目が有る=顔にしっかり目が付いている(この head は狭い意味の頭でなく、首から上全体)➡ まともに物が見える、間抜けでない、抜け目がない
 
have one's head in the clouds---John, don't have your head in the clouds. It's time to face reality.
ジョン、幻想を抱くのはやめろよ。現実を直視するときだぞ
;雲の中に頭を突っ込んでいる➡比喩)現実から逃避して夢想にふけっている、幻想を抱く、非現実的に振る舞う
 
have someone in the palm of one's hand---The pianist had the audience in the palm of her hand.
そのピアニストは、完全に聴衆を魅了した
;人を手のひらに持つ=人を意のままに支配する➡魅了する、完全に掌握する、完全に支配する
 
have other fish to fry---I don't have time to deal with your problem. I've got too many other fish to fry.
今、君の問題を扱う時間は無い。他にやるべきことが沢山有るんだ
;他に油で揚げるべき魚がある➡比喩)他にやるべきことが有る
 
have stars in one's eyes---Stop having stars in your eyes. The reality is much more serious than you expect.
理想に胸を膨らませるのはやめなさい。現実は想像するよりずっと厳しいんだ
;目に星を持つ➡比喩)理想に胸を膨らませる、夢見心地である、憧れている(漫画の、目にお星さま、を思い浮かべると感じが掴める
 
have sticky fingers---George was fired last week, because they say he had sticky fingers.
ジョージは先週首になった。盗癖が有ると噂されていたから
;べとべとの手をしている=なんでもくっつかせて持っていく➡手癖が悪い、盗癖が有る
 
have time on our hands(=have time to kill)---The picknic was canseled yesterday, so we had alot of time on ou hands.
昨日はピクニックがキャンセルになったので、とても手持無沙汰だった
;手に時間を持っている(=つぶす時間が有る)➡手持無沙汰である、時間を持て余す
 
a hen party---Let's have a hen party at our house tyhis weekend.
今週末、私の家に女性だけで集まりましょうよ
;雌鶏の集まり➡女性だけの集まり、女性だけのパーティー↔stag party;男だけのパーティー
 
hen-pecked husband---Are you shure Mr. Hill is a hen-pecked husband?
ヒル氏が、奥さんの尻に敷かれているって本当?
;雌鶏に突つかれた夫➡尻に敷かれた夫、かかあ天下、恐妻家
 
hit bellow the belt---"Do you know Jack cheated on the English test?" "No. If so, that's hitting below the belt."
「ジャックが英語のテストでカンニングしたのを知ってる?」 「いいや。もしそうなら、それは卑怯だな」
;ボクシングでベルトの下を打つのは反則技。(反則技である)ベルトの下を殴る➡卑怯な手を使う、反則を犯す
 
hit pay dirt(=hit pay gravel)---That writer finally hit pay dirt with the long novel.
あの作家はその長編小説でついに大当たりをした
;この pay dirt は、ペイする泥、で金脈、有望な鉱脈のこと。金脈にぶち当たる➡大当たりする、やまを当てる、掘り出しものを掴む
 
hit the books---It's time to hit the books.
勉強する時間ですよ
本を打つ➡比喩)熱心に勉強する、ガリ勉をする
 
hit the bull's eye---She often hits the bull's eye with her investment.
彼女は投資の予想ではよく大当たりする
;雄牛の目はまん丸。雄牛の目(=まん丸な標的)に当てる➡金的を射止める、大成功する、大当たりをとる
 
hit the road---Are you ready to hit the road, Jane?
ジェーン、出発の準備はできた?
;道路を(足で)打つ➡旅に出る、出発する
 
hit the spot---This ice cream really hits the spot.
このアイスクリームは申し分のない味だ
;場所に的中する=求めている所に的中する➡申し分ない、全く正しい、食欲を満たす
 
hold one's ground---The Prime Minister had difficulties in holding his ground.
首相は自分の立場を守るのに苦労した
;自分の土地(陣地)を守る➡自分の立場を守る、自分の立場に固執する、持ちこたえる 
 
hold one's horses---Hold your horses! We have enough time till we start.
落ち着けよ!出発まで十分時間はあるんだ
;(手綱を引いて)馬を抑える➡比喩)気持ちを落ち着かせる、はやる気持ちを抑える、平静を保つ
 
hold one's tongue---Frank,hold your tongue. I'm speaking.
フランク、黙ってよ。私は話し中なんだから
;舌を押さえる、舌を控える➡黙っている、口を慎む
 
horse biscuits---Whe you walk around the barn, watch out for horse biscuits.
納屋のまわりを歩くときは、馬の糞に気を付けてください
;(biscuit は、楕円形の薄焼きパンのこと。形が馬の糞に似ているので、)馬のビスケット➡馬糞
 
★ここで問題なのは、イディオムが数限りなく多い、何通りにも解釈できる。
このため最初は使用頻度の高そうな、イディオムから憶えて、文脈で意味を取る癖をつけて行きましょう。
 
焦らないで、細切れ時間に、2,3個ずつチェックしていきましょう。
継続は、力なり です。  
 
 
 
 
五感を駆使して覚える LinkIconイディオム右脳を刺激して、無理なくイディオムが身に着く良いサイトですが例が少ないのが難点。
 
そこで、管理人作成の、これでもかのイディオムサイト 
 

英語500イディオムA~Z

 

LinkIconABCD
LinkIconEFGH    現在のサイト You are here.
LinkIconIJKLMNOP
LinkIconQRSTUVW

 

体のイディオム

 

LinkIcon上半身;頭部
LinkIcon中半身;胸部
LinkIcon下半身;足、腰
LinkIcon内臓その他

 

US英語CAFE 掲示板

US英語CAFE御利用の皆様、こんにちは!
CAFE利用者様の質問用にご使用ください。⇒LinkIcon掲示板